着物の取扱い・保存方法

  1. HOME
  2. 着物の取扱い・保存方法

着物の取扱い方法

着物
着物を脱いだ後、湿気やしわを取るためハンガー(着物用ハンガーをお勧めします)に半日ほど掛けます。特に目立つ汚れがなくても丸洗い(洋服でいえばクリーニング)又は急所洗い(衿・袖口・裾のみを洗う)等を専門店で行い、しまいます。※汗をかいた時はそれもお伝えください。汗取りの処理をいたします。
長襦袢
長襦袢を脱いだ後、湿気やしわを取るためハンガー(着物用ハンガーをお勧めします)に半日ほど掛けます。特に目立つ汚れがなくても丸洗い等を専門店で行い、しまいます。汗をかいた時はそれもお伝えください。汗取りの処理をいたします。
湿気やしわを取るためハンガーに半日ほど掛けます。特に汚れがなければそのまま畳んでしまいます。汚れがあったり長年の手垢が気になるときは着物と同様専門店にて丸洗いができます。
コート
脱いだ後、湿気やしわを取るためハンガー(着物用ハンガーをお勧めします)に半日ほど掛けます。特に汚れがなければそのまましまいます。汚れがあるときは着物と同様専門店にて丸洗いができます。
下着(肌襦袢、裾除け、足袋)
肌襦袢、裾除けはネットに入れ普通に洗濯してください。足袋は脱いだらすぐに洗剤を溶かしたぬるま湯に30分ほどひたし、手洗いします。ひどい汚れには固形せっけんをつけてブラシで洗います。干す時には底を縦横に引っ張ってから干してください。

着物の保存方法

着物は一度でも着たら洗ってしまいましょう
汗や汚れによるシミを防ぐためにも一度着たら専門店にて洗うことをお勧めします。
和紙のたとう紙に1枚ずつ入れて桐の箪笥にしまうのが理想です。
和紙のたとう紙に入れ皺にならないよう、しまいます。たとう紙は黄ばんできたら取り替えましょう。たとう紙の端に中に入っている物の色や柄を書いておくと便利です。裄や袖丈の寸法も書いておきましょう(寸法は1つに統一しておく事をお勧めします)。
着なくても年に1~2回空気の乾燥している時期に室内で空気を通してください。
外に干したり、陽の当たる場所に干すことは絶対にしないでください。絹・麻・もめん・ウール、どの素材にとっても一番の敵は『湿気』です。干す場所や時間がない時は、空気の乾燥した日に引き出しを開けておくだけでも効果はあります。しまいっきりは絹を弱らせてしまいますので年に1~2回は空気を通しましょう。
和装用の乾燥剤を入れておきましょう。
箪笥や保存箱には乾燥剤を入れましょう。樟脳は入れすぎるとかえって生地を傷める事になります。また臭いがきついので、あまりお勧めできません。無臭の防虫乾燥剤か防虫効果のある昔ながらの匂い袋などを使う事をお勧めします。微かなお香の香は周りの人にも良い印象を与えます。

着物のたたみ方

お問い合わせ045-881-0805
お問い合わせ045-881-0805
お問い合わせ045-881-0805
よくある質問 お知らせ まめ知識 店舗紹介 かわい染物店
JR線・戸塚駅そば
〒244-0003
横浜市戸塚区戸塚町16-20
セレッソ戸塚B棟1 >>地図
[電話] 045-881-0805
[営業時間] 10:00~18:30
[定休日] 日曜・祝日
店舗外観 ミニチュアきもの お問い合わせ クレジットカード
ページトップ
かわい染物店

〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町16-20 セレッソ戸塚B棟1
[電話] 045-881-0805
[営業時間] 10:00~18:30 / [定休日] 日曜・祝日

ライン お問い合わせ045-881-0805お問い合わせ
Copyright © 2009 着物/丸洗い/染め物【かわい染物店】 All rights reserved.